再建築不可物件を売買│ななみ都市開発

ななみ都市開発では再建築不可物件の売買のお手伝いをさせていただきます - 再建築不可でも大丈夫、任せられる不動産選び

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    再建築不可でも大丈夫、任せられる不動産選び

    聞いたことがある人もいるかもしれませんが、中古の一戸建てを購入するときに条件提示で「再建築不可」と言うことを言われることがあります。
    再建築不可とはいったいどのような条件なのでしょうか。
    そのような条件を付けられている物件でも購入するのは可能なのでしょうか、ななみ都市開発ではそのような物件でも売買するお手伝いをしてくれます。
    さらに、その際の手続きについても提携司法書士が相談に乗ってくれます。
    ななみ都市開発のように任せられる不動産業者を探すことから間違いのない不動産購入や売却が行えます。

    そもそも再建築不可物件ってなぁに?

    その言葉の通り、再度建築することが禁止されている物件と言う意味です。
    詳しく言うと、家を建てるときには道路に敷地が2m以上面している土地でないと家を建てることが出来ません。
    と言うことは、元々の建物を取り壊して更地にしてしまったらその後建築することが出来なくなります。
    元々建っていた建物が古いからと言って取り壊して新築を建てるということが出来ない物件なのです。
    戸建ての中古物件を購入するとなるとやはり古い建物を壊して新しい家を建てることも考えるでしょうが、その行為が出来ないことが条件になっている以上新築を建て直すことは出来ません。

    ならば再建築不可の物件は購入しない方がいいの?

    実はそうも言い難い理由があります。
    家は建て直すことは出来なくともそのメンテナンスをしっかりしていれば十分機能を果たすものですし、新築は無理だったとしてもリノベーションは可能ですから、住みやすい状態に回収することも十分に出来ます。
    しかも、面倒な条件がついているイメージのために普通に販売している物件よりもかなり割安に手に入れることが出来ます。
    しかも周りも再建築不可物件が多い京町などで言うとそのままの景観が壊れることもありませんから、家を買ったはいいが何年かしたら隣にマンションが建って先が見えなくなったなんて悲しい現実にも遭遇することはありません。
    そして税金の面においても安価です。
    税金が安価であることの理由として、固定資産税の評価が低いのと相続税評価も低くなっています。
    と言うことは、不動産取得税も安く済むということなのです。
    別に新築そっくりにリノベーションすれば済む立派な家が安く手に入るのならば、うれしいことなのではないでしょうか。

    それでも家を買うんだから住宅ローンが使えるの?

    確かに普通は中古物件を購入するときにでも住宅ローンが適応されます。
    しかし、再建築不可物件の場合はその不動産価値が低いのでその不動産を銀行の住宅ローンで担保としてもしもの時の回収に充てることが出来ません。
    なので住宅ローンは通らないと考えた方がいいでしょう。
    しかし、街によってはその景観を保存するために働きかけているところもありますから、その場合一定の条件を満たしていれば銀行からの融資が受けられる場合もあります。
    一概にお金を持っていないと購入することが出来ないというわけでもないのです。
    さらに、特殊物件を専門に扱っているローンも実は存在します。
    他には、ほかに所有している物件を担保にローンを組むという方法もあるのですが、新婚の新居を考えるとそれは無理かもしれませんね。
    一番は、貯金や両親からの融資をフル活用して現金一括購入をするのがその後の資金繰りも楽になりますのでおすすめです。
    再建築不可物件を購入したのちにリフォームをする前提でリフォームローンを利用することも可能です。
    リフォームローンは担保も連帯保証人も必要としないローンなので大体の場合通らないことはありませんが、無担保ローンのために借り入れられる金額が低めに設定されています。
    1000万くらいが限度額の目安と言えます。
    無担保ローンは面倒なことなく借り入れできますが、金利も高めに設定されていますので、よく考えて利用しましょう。

    デメリットは他にないのでしょうか?

    住宅ローンが通りにくいことや新築を建てられないということのほかには何がデメリットとして挙げられるでしょう。
    もしもの災害などの時に万が一火事で焼失してしまったり、地震などで家が倒壊してしまった時に躯体が残っている場合は改装が出来てもそうでない場合はそのまま更地にするしか手はないので家を再建することは出来ません。
    しかもそうなった場合、それでなくとも不動産価値が低い物件であるのに、さらに買い手がつくことはないでしょうから、持ち腐れになってしまう可能性があります。
    まずは、ななみ都市開発にご相談ください。

    信用できる管理会社とななみ都市開発、それと司法書士の力を存分に使うことが失敗しない購入に繋がります。
    新築物件を購入するよりも安価で簡単に購入することができる再建築不可の物件ですが、そのメリットも今見直されつつあるのでおすすめ物件のひとつでもあります。
    相続財産的にもおすすめであることはこの話で明らかなのではないでしょうか。

    まだ登録されていません。

    早めにサイドバーの登録をお願いします。